最近の脱毛事情

私たちの毛の濃さなどは男性ホルモンが大きく影響しています。例えば、女性ホルモンの働きが衰える更年期には、男性ホルモンの影響が強くなるため体毛が濃くなります。女性ホルモンは男性ホルモンの働きを抑制するため、女性ホルモンが多ければ毛は濃くなりにくいのです。そのため、女性ホルモンと近い働きをする豆乳ローションが毛の成長を抑制効果があるといわれています。
豆乳ローションとは、豆乳、レモンとアルコールを使い、自宅で簡単に作れるローションです。大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンと同じような働きをします。イソフラボンが毛の発育を遅らせ、毛を弱らせて抜けやすくします。また、豆乳には石鹸に使われるサポニンという物質が含まれており、毛穴に詰まった汚れをきれいにする効果があります。また、レモンに含まれるビタミンCの影響で美白効果があるとも言われています。天然成分でできているので、肌に合わないというトラブルがほとんどないのもメリットです。
使用方法は簡単でお風呂上がりなどの清潔な肌に塗るだけです。特に背中などの産毛が多く、レーザー脱毛の効果が弱い部位には、クリニックでの脱毛とローションを併用することで効率的な脱毛が期待できます。個人差がありますし、すぐに毛がなくなるというわけではありませんが、豆乳ローションは購入することも安価で自宅で作ることもできるので一度試してみるのもよいでしょう。

 

安い脱毛店について掲載している関連ページはコチラ→http://xn--2ck9csa7097bovxayba.com/datumou-yasui.html